<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.24 Thursday
  • -
  • -
  • -

「ちょい旅斎川宿コース」に参加してきました。

 武石です。 
白石市の商工観光課が主催した、「ちょい旅斎川宿コース」と言うイベントに、参加して来ました。

これは、白石市近郊の旧4号線(旧奥州街道)沿いにあった、「斎川宿」の名所旧跡を散策する
日帰り小旅行企画です。
基本的に、小・中学生とその保護者が対象のイベントだったのですが、人数に余裕があったと言うことで、私と小白も参加させていただきました。

白石市のバス「きゃっするくん」に乗って馬牛沼に到着! いよいよ、旅のはじまりです。
この日は、あいにくいの雨でしたが、気分は「わくわく」




ルート地図の右下が「馬牛沼」。ここから、(中央部)の斎川宿を目指します。




旧奥州街道には、隠れた名所がいっぱいです! こちらは、坂上田村麻呂を祀った「田村神社」。




境内にある甲冑堂には、「源 義経」の家来、「継信・忠信」の妻たちの像が安置されています。
夫たちにかわり親につくした偉い女性だそうです。




 いよいよ「斎川宿」。通りには、宿場町の風情があり、当時の検断屋敷も残っていました。



  中間地点の斎川小学校に到着。 ここでは、親子の「宝探し」が行われました




  おじさんでも宝探しは楽しい。     宝物は、参加者全員分ありました。




 お昼は、「斎川公民館」で、斎川地区のお母さんたちが作ってくれたすいとん汁とおにぎりを
 いただきました。とても美味しくて、おかわりをしてしまいました。




  食事の後は、じゃんけん大会。    お菓子をゲットした子供たちは大喜び




やさしい斎川のお母さんたちに別れを告げ、「ちょい旅」の最終目的地、4号線沿いの「道祖神社」に向かいました。
国道のすぐ横にあるのに、ふだんはひっそりと目立たぬ「道祖神社」。今回の「ちょい旅」で、白石にはこんな隠れた名所旧跡が沢山あることを知った武石でした。



白石市街に、「真田幸村」縁のお寺が!

武石です。今回は、白石駅近くの由緒あるお寺、当信寺を訪ねました。


こちらが、当信寺。この山門は、白石城の東口門を移築したもので、大変貴重な建造物です。
実は、こちらのお寺には、あの「真田幸村」の娘「阿梅」と、その弟「大八」の墓があるそうなんです。
ビックリ でも、なぜ白石に「真田幸村」の子供たちの墓が?




大阪夏の陣で、”鬼小十郎”と恐れられた「片倉小十郎」は、一方で敵方である「真田幸村」の遺児を密かに引き取り、養育する優しさを持った武将でありました。
後に、「阿梅」は二代目「重長」の後室となり、「大八」も伊達家の家臣としてとりたてられました。
その二人がここに眠っているのです。          
”ご本尊は、阿弥陀如来様”        
 


  これが、二人のお墓、、、。      左が姉の「阿梅」、右が弟「大八」の墓です。 




「阿梅」のお墓。なにか、不思議な形をしているでしょう、、、。
実は、右手で頬杖をついた「阿梅」を映したものなのです。しかし、その姿が虫歯を患って頬をおさえている様子に似ていることから、墓石を削り歯に詰めると歯痛がなおると信じられるようになり、少しずつ削り取られるうちに、この様な姿になったそうです、、、、。


         

奥州白石温麺協同組合 うーめんコンテストについて聞いてきた!

 先日ご紹介した「我が家自慢のうーめんコンテスト」を企画した奥州白石温麺協同組合のお1人、理事長でいらっしゃる吉見光宣さんにインタビューできる機会を頂いたので、お会いしてきました!



なぜ今回コンテストを開催しようと思われたのですか?
今回で2回目となるコンテスト。ご家庭で食べているおいしいうーめん料理をご応募いただき、またその作品を広め、皆さんにおいしく食べる方法を知ってもらう機会をたくさん増やしてもらおうと思って始めたのが今回のコンテストです。


内容について
今回はハードルを低くして、応募方法を簡単にしました。料理の写真とアピールポイントを書いて応募していただくだけです!その中から10作品を選び、選ばれた方は白石で行われる本選で実際に料理していただき、審査をして、そこでグランプリを決めます。参加者含めて豪華賞品を用意してお待ちしております!


実はなんにでも合う!?うーめんの食べ方
うーめんは油を使わない手延べ製法で、コシがあり短くて食べやすいヘルシーな麺です。なので白石生まれのほとんどの人は、なんと離乳食にうーめんを食べているそうです!
最近ではインスタントのトマトスープやたまごスープなどがたくさんありますが、それにうーめんを入れて食べると簡単に出来上がっておいしい。ジュレタイプのドレッシングをかけてうーめんサラダにしてもおいしいと、さすがうーめんにお詳しい吉見理事長さん。うーめんの可能性をたくさん話して下さいました!和風はもちろんのこと、イタリアン風でも合うことに驚きです!これから応募を検討している方は参考にしてみて下さい!


コンテストを企画した「奥州白石温麺協同組合」とはどういうところですか?
大正5年から始まり、今年で96年目を迎える協同組合。普段は材料などの協同購入、協同販売、広報宣伝をしています。また、うーめんを白石の「伝統文化」として位置づけていくことも1つの仕事として行っています。
◀歴代理事長の写真が並んでいる温麺協同組合本部の2階。吉見さんは22代目理事長になります。

これからコンテストに応募される方へ一言お願いします
ご家庭でいつも食べているもの、我が家ならではの自慢の食べ方を気軽にご応募いただければと思います。前回は凝ったものからスイーツなどおもしろい応募もありました。「これはうちのオリジナリティがあるはずだ」というような手軽に作れるものがあれば大歓迎です!

吉見理事長様ありがとうございました!
うーめんコンテストは6月30日(土)までエントリーを募集しております!ご応募お待ちしております!

ディープな世界!人形の蔵。

  こんにちは、小白のお父さん武石です。 

今日は、市内の謎(めい?)観光スポット!「白石人形の蔵」を訪れました。外見は、その名の通り古い蔵。その中は、とってもディープな世界が広がっていました、、、。


お父さんには、懐かしい、昭和の本やグッツがいっぱい!
 

これが、人形のコレクション。
 

こちらが、人形の蔵を営む佐藤昌子さん。このコレクションは、全部佐藤さんのご主人が集めらたモノなのだそうです、、、。スゴイ情熱と拘りですよね!


ご主人が集めた人形たちを、沢山の人に見てもらいたいと言う佐藤さん、お話し好きでとても楽しい方でした。色々と、白石のことを教えていただき、ありがとうございました。

 

白石・人形の蔵
宮城県白石市城北町4−18
022−26−1475
毎週 水曜日(休館)
HP:http://ninkura.sblo.jp/

片倉小十郎景綱に出会う!

こんにちは!小白(こはく)です

白石市といえば、歴史好きな人達ならピンとくるものがあるのではないでしょうか!?
そう!伊達政宗の幼少の頃から傍につき、伊達軍の参謀として活躍。そして白石城の城主となったあの「片倉小十郎景綱」の地であります白石をまだあまり知らない小白でも「白石といえば小十郎!」というイメージを持っていました!

白石では白石戦国武将隊『奥州片倉組』という武将隊がいて、片倉小十郎率いる甲冑武者達が白石のPR活動しています。
そのリーダー格である片倉小十郎景綱さまにお会いしてきました
こちらは今年の青葉まつりで武者行列に参加した時の片倉小十郎景綱さまです!凛々しいお姿

動画も撮ってみました!甲冑隊を先導するお姿は、まるで本物の小十郎が蘇ったよう!

さてこの片倉小十郎景綱役を務めるのが、こちらの大宮さんです!普段は白石城などで観光案内をして下さっています。
さらにかつて白石城を守っていた火縄銃部隊を再現した「片倉鉄砲隊」の隊長としてもご活躍!なんと大宮さんのご先祖様はホンモノの鉄砲隊隊員であったというから驚きですどおりで甲冑があんなに似合うわけです

ご自身でも強面とおっしゃっておりましたが、話してみるととても優しいお方でしたよオススメの観光スポットも教えてもらったので、次回はそこに行ってみようと思います

白石うーめんコンテスト作品募集中!

 こんにちは!小白(こはく)です

温麺のことを調べていたら、「わが家自慢の白石うーめんコンテスト」というものを見つけました!

予選を勝ち抜き、本選で優勝すればなんと賞金3万円準優勝は賞金1万円
さらに本選参加者全員に
『組合員各社自慢の白石温麺食べくらべセット』
『奥州白石温麺協同組合直営店「やまぶき亭」のお食事券』
『温泉入浴券』を贈呈

予選落ちしても抽選で30名に『奥州白石温麺協同組合の真伝承白石うーめん(4束入×2ヶ)』がもらえるんだって!!!

6月30日(土)まで募集中とのこと
こちらのページから応募できるようです!詳細もコチラ!

「温麺食べくらべセット」欲しいなぁ… 応募してみようかな

行列のできる「中華亭」

 こんにちは!小白(こはく)です!

白石のグルメと言ったら「温麺(うーめん)」ですが、、、
行列ができるほどおいしいというラーメン屋さん情報をキャッチしたので、
2人で行ってみることにしました
こちらがそのお店「味の店 中華亭」さんです!お昼をちょっと過ぎた頃に行ったのですが、
すでに行列が…

少し待って中へ。メニューがこけしになってました!さすが白石(・`ω・´)
2人で中華そばを注文!

やってきたのがこちらのラーメン!いただきまーーす
味は醤油で、けっこう醤油のしょっぱさ&ふわりと魚のダシが広がるスープでした。おいしくて、思わずゴクゴク飲んでしまいました麺はコシがあり、チャーシューも弾力があって食べごたえアリ!小白はコシのある麺が気に入ってしまいました
味噌タンメンも人気のようで、周りのお客さんが結構注文してました!「次はコレを食べに来ないといけないね!」と2人で再来を誓ったのでした(・`ω・´)ごちそうさまでした!

お客さんはほとんどが地元の方のようで、「地元に愛されたお店」という感じでした
駅から歩いても約6分ぐらいで行けるのもいいですね

味の店 中華亭
宮城県白石市本町75
10:30〜15:00
0224-26-2379
 火曜日

ぶらぶらお散歩

 こんにちは!小白(こはく)です!
手始めに2人で白石城付近をぶらぶらと散歩してみました
まずは白石城へ!本当はお城の中に入れるのですが、震災の修復工事中で入れませんでした
残念9月末に完成予定だそうです。
お城をぐるりと川が流れていました。覗いたらりっぱな錦鯉がたくさん泳いでたよ130匹が放流されているらしい!

早速おもしろいもの発見!カーブミラーの上にお城が

武家屋敷というところまで来ました。ここまで来る間も昔の雰囲気が残っていて、風情があって楽しい
白石駅へ。今度はポストにお城がのってました!おもしろい

今日はここまで。これからどんどん深いところまで探っていきたいと思います!ではまた

ブログスタート!

はじめまして!小白(こはく)と申します。
この度親子2人で宮城県白石市という街に引っ越してきました!

最初、豊かな自然をイメージして白石に来ましたが、自然の豊かさもさることながら、城下町としての文化や情緒にあふれた白石の街にびっくり!

お城あり  歴史あり  おいしいものあり  温泉ありとなんだかおもしろいものが盛りだくさんで、2人ともすっかりこの街に夢中になってしまいました

そこで写真を撮ることが趣味な2人で、カメラを片手に白石を巡り、見つけたものや出会った人々などを、これからブログで紹介していきたいと思います!どうぞよろしくお願いします

プロフィール
父/武石(たけし)…写真を撮るのが得意な父

娘/小白(こはく)…撮った写真をいじるのが好き




最新記事

カテゴリー

月別記事

リンク

リンクについて

☺リンクはフリーです
ブログ名「Loven' 白石!」
URL
http://lovensiroisi.jugem.jp/


※バナーはこちらを保存してお使い下さい。

コメント

ブログ内から検索

PR